アラサーおにいさんの備忘録

アラサー独身おにいさん(おじさんではない)の雑記です。日々の雑記を書き連ねていきます。趣味は、自動車、バイク、自転車、ゲーム、資格取得などなど!

認定電気工事従事者の免状が届きましたよって話と懐かしいアニメの話

 

ということで、3月上旬に申請した、認定電気工事従事者の免状が届きました。

先週くらいに届いていたんですが、もう忘れ去っていました。



f:id:ROTY_NORISU:20210413084140j:image

↑資格証はラミネート加工されている。濡れても大丈夫かも。まぁでも"ちゃっちい"。

でも、この"ちゃっちさ"には訳があって………

 

あれ、これってもしかして???

電気工事士の手帳の中に入るかナ???


f:id:ROTY_NORISU:20210413084036j:image

↑お、入る!!ピッタリサイズ!!!

 


f:id:ROTY_NORISU:20210413084128j:image

↑おぉ!折りたためる!!!

 

こりゃいい。

この為の配慮?というのが有るのか無いのか分かりませんが、手帳がもう1個増える………とかよりは1個の手帳にまとめられるのは現場の電工さんにとっては良いのかもしれません。作業着のポケットには限りがありますし、どうせ作業する時は第二種電気工事士の免状と一緒に持ち歩くことになるでしょうから。

 

だいたい申請してから2週間~1ヶ月。そこまで遅くは無かったです。

 

何はともあれ、これでビルとかで電気工事が出来るようになりました。良かった。良かった。

 

今回はこのくらいにしておきます。

 

 

 

ちょっとここから雑記です。

 

せっかくなら、この免状を活かした仕事でもしたいですが、土日だけのアルバイトで電気工事士とか無いですかね。

会社に副業バレちゃいますか?


f:id:ROTY_NORISU:20210413133556j:image

↑それとも本業にするか。

このU字吊りの安全帯、懐かしいですね。

もう、これは安全帯(墜落制止用器具)とは見なされず、ただの胴縄と成り下がりました。今はワークポジショニング用器具というらしいです。

だから、胴縄と安全帯機能が一緒になった、柱上作業用の安全帯が有るらしい。


f:id:ROTY_NORISU:20210413161603j:image

↑こういうの。※藤井電工HPより

 

 

ということで………あの画像を見た時に、思い出話を語りたくなってしまったので、CLANNADの話をします。

CLANNAD………もう何年前でしょうか。

2004年にPC版ゲームが発売され、2007年にアニメ化された作品です。

もう、15年以上前というのが信じられません。

f:id:ROTY_NORISU:20210413204241j:image

↑アニメの画風に時代を感じますねぇ。これは京都アニメーション版。

 

CLANNAD、ご存知でない?

恋愛シミュレーションゲームと呼ばれるジャンルの中でも1位2位を争うほど有名なゲームです。

京都アニメーションによるアニメ化も行われました。当時としてはハイクオリティな綺麗な景色、尖ったキャラクター達、今となっては超有名な声優を起用し、数多くの"オタク"を生み出しました。

ちなみに、東映アニメーションが手掛けたの劇場版もありましたが、こちらは大爆死を遂げています。1時間30分のアニメの中で、学生時代~結婚まで描いてるので、原作未プレイだとちょっと理解が難しいのは仕方ないです。

私も見たことありますが………まぁ。うん。

 

映像美に関しては、東映版は微妙です。アニメ版の京都アニメーションが凄すぎるのかもしれませんが………


f:id:ROTY_NORISU:20210415080309j:image
↑キャラの作画はそこそこデフォルメされていたと思う。ゲーム版は少しクセが強いので。これは東映版。

 

 

原作のゲーム自体の評価も非常に高く、"泣きゲー"として一斉を風靡した作品でした。

 

そのストーリー性の高さから、数多くの2ちゃんねらを魅了し、「CLANNADは人生」というコピペ(名言)を生み出した。※実際は「CLANNADは人生」とは誰も言っておらず………

 

262 名前: 迎撃ミサイル(樺太) 投稿日: 2007/10/05(金) 11:19:21 ID:5rVKK9zmO
いい加減クラナドをエロゲと勘違いしている奴うぜぇ
エロゲじゃないし
ゼロの使い魔の方がよっぽどエロゲ

288 名前: 張出横綱(樺太) 投稿日: 2007/10/05(金) 11:28:40 ID:7IVIzaH5O
エロゲじゃなかったらなんなのよ

300 名前: 迎撃ミサイル(樺太) 投稿日: 2007/10/05(金) 11:31:22 ID:5rVKK9zmO
>>288
人生…かな?

 

のような流れで使われたのが源流だと言われている。

 

CLANNADという作品が多くの人々を感動させたゲーム、アニメーションなのは紛れもない事実であった。

(私は、後半からアフターストーリーにかけて主人公のうじうじ具合にイライラしてしまい、感動とかそれどころではなかった。こんな主人公がモテモテで自分の周りに女子が居ないのが悔しかった記憶しかない)


f:id:ROTY_NORISU:20210415220827j:image

↑ぐやじい!!というか主人公がモテて春原がモテないのは絶対におかしい。主人公より春原の方が漢気はあるし、しっかりしてる。

馬鹿に見えるが凄い常識者。

 

まぁでも、この頃からでしょうか。"恋愛シミュレーションゲーム"というのが世間に認知され始めてきたのは。

これまでは、ギャルゲー(令和においては死語?)と呼ばれ、なかなか一般人が手に取る事はなく、パッケージもカラフルな髪の色の美少女達が描かれており、非オタクにはレジに持っていくのに勇気が必要でした。


f:id:ROTY_NORISU:20210415081015j:image

↑Switchでも出るのか………

 

パッケージデザインは相も変わらず手に取るには勇気がいるデザインですが、こういう美少女ゲームが世間で認知されたのか、多少受け入れられたのか?このようなギャルゲーのコンシューマ版がPS2PSPで多く発売されました。

 

アニメ版は、私が中学生くらいの頃に放送されていました。夜な夜なPSPでモンハンやメタルギアポータブルオプスのオンラインをやってる時に、ふとテレビをつけた時にやっていました。

当時はあまりアニメに興味はなかったので、深夜にアニメがやってるなんて知らなかったのです。

それから、新聞のTV番組表を見て深夜の細かくて小さい欄によく分からないアニメの名前を見つけるのが楽しみになりました。

深夜欄って大した説明も無いので、番組名だけがごちゃごちゃって書かれていて、どんな番組か想像がつかないんですよね。

今は、番組表もテレビのリモコンのボタン押せば出てくるようになったので、無くなってしまっていますけど。

 

ということで、深夜アニメにハマる、ろてぃ少年。

当時の私は、クラナドに登場するヒロインの中の1人、坂上智代が好きでした。

才色兼備、勉強も運動もできる。サバサバ系で口調も男子ぽく、男友達みたいなところがあるが、中身はピュアな女の子。何事にも一所懸命、面倒見が良い。つよい。しかも超可愛い。あと、めっっっちゃつよい。

オタクが思い浮かべる"俺の嫁"像を体現したかのような女神。

まぁ、今考えると私の初恋かもしれませんね。小学生の頃からボッチだし中高は男子校だし、女の子に接する機会がゲーム内でしかありませんでしたから。


f:id:ROTY_NORISU:20210415212612j:image

↑押しかけ女房で朝ごはん作ってくれるとか天使か。ダメ男生産者の1人。


f:id:ROTY_NORISU:20210415224234j:image

↑ぶっちゃけ今見てもやっぱり可愛いと思うわ

 

ちなみに後々、智代アフターと呼ばれるスピンオフ作品が制作されるほど、人気キャラだった。

そしてアニメも智代ルートだけ番外編が製作されるなど人気キャラ。やっぱ私の目は狂っていなかった。


f:id:ROTY_NORISU:20210415212750j:image

智代アフター これもSwichでも出るのか………

ちなみに、智代アフターでは主人公は廃品回収をやっており、電気工事士ではない。

 

ちなみに、アフターストーリーでは主人公は電柱に登って電気工事の作業をしているが、電柱は東京電力の持ち物であり、一般用電気工作物でも事業用電気工作物でもないので電気工事士の免許がなくても作業はできたりする。ただ、最低限の知識として電気工事士資格保有者が行うことがほとんどである。

 

まぁ、ちょっと思い出話してしまいましたが、今回はこのくらいにしておきます。


f:id:ROTY_NORISU:20210415223350j:image

↑それと便座カバー

W650に1年乗って思ったことを書いてみようかなって話

去年の3月くらいに大型2輪の免許を取り、3月の下旬くらいに私の元にやってきたカワサキW650。

1年くらい乗ったので個人的レビューでもしたいと思います。

他のバイクに乗ったことがないので、良いところ、悪いところは明確に分からないのですが、少しでも初心者が乗った感想的なものが伝わればいいなと思います。


f:id:ROTY_NORISU:20201026112704j:image

奥多摩のどこかで

 

だいたい1年で6000キロくらい走りました。

高速は走ったことありません。バイパスは走りました。基本は下道の街乗りです。

渋滞も経験しました。峠も走りました。立ちゴケもしました。そんなこんなで1年間W650と向き合いました。

 

 

なんでW650を選んだのかって話

まずは、W650を選んだ理由から。 


f:id:ROTY_NORISU:20201026123412j:image

まず、デザインが良かった。

クラシカルなデザイン、二本出しのマフラーがカッコよかった。

ベベルギア駆動っていうのも、(カムチェーンと比較して何が良いのかよく分からなかったけれど)他に付いてるバイク無かったしオンリーワンみたいな感じがあって特徴的だった。(デザイン的にはあまり好きではない)

 

他にはうーん………

 

……………そんなもんかな。

別に乗りやすいとか、エンジンがどうとか………そういうのは無かった。

サーキットを走るわけでは無いですし、バイクに性能は求めていませんでした。

デザインが良ければ単気筒でも二気筒でも四気筒でもなんでも良かったです。

 

でも、普通二輪の教習車がCB400SFという四気筒のバイクで、大型二輪の教習車がNC750という二気筒のバイクでした。

私は後者の二気筒のバイクの方が回転数をあまり高くせずにトルクでドドドドッと走れる感覚があって好きでした。

購入の直接的なキッカケでは無いですけど、パワーがあって多少ラフに乗れる物が欲しかったのは確かです。

 

 

あと重要な事を忘れていました。

セルがついてた。ボタンを押すとエンジンがかかるやつですね。

 

最初はヤマハのSR400が欲しかったのですが、はじめてのバイクでセルが無いのは少し怖い。


f:id:ROTY_NORISU:20201210194245j:image

ヤマハ SR400

クラシカルなデザインでWより細身。

 

50ccなら手でペダルを押してもかかるけれど、400ccのキックはいささか辛そうだ。

坂道発進でエンストしたら、どうやってエンジンかければいいの?

という、素朴な疑問。

ちょっと”初心者お断り”な感じがSRにはあった。

そりゃあ、少しの坂道ならばかけられるだろうけど、急坂では無理くないか?下までバックするの?

急坂×右折×エンスト=死

という未来しか見えなかった。

坂道だと降りて押し引きは出来ないし、スタンドかけられないし、不安定だしそんなん無理無理無理無理。


f:id:ROTY_NORISU:20201210073935j:image

 

W650はセル/キック併用なのでどっちも楽しめます。たまにキックでエンジンかけるのは楽しいです。

 

あとは、ホントはGB250クラブマンが欲しかったのですが、めちゃくちゃ高かった。


f:id:ROTY_NORISU:20201210194508j:image

↑ホンダ GB250クラブマン

単気筒のスポーツバイク。軽くて凄い取り回しが楽。

エンジンの形も無骨でカッコイイ。

これが欲しくて免許取ったようなもん。

 

ただ、マトモな車体は250のクセにW650より高かった。

あとはヤマハのSRV250ルネッサというバイク。これも250ccのクセに凄く高かった。


f:id:ROTY_NORISU:20201210194628j:image

ヤマハ SRV250 ルネッサ

関東圏にマトモな在庫が無かったし、けっこう高い。

 

エストレヤも高かった。


f:id:ROTY_NORISU:20210412080937j:image

カワサキ エストレヤ

W650と同じくらいの値段だった。それに、エンジンのデザインが好みでは無かった。


f:id:ROTY_NORISU:20201210074224j:image

↑こっち側の抑え金具みたいなやつね。ダッサい。普通にフィンにしてくれたら良かったのに。

 

あと、W650と比べると下部のギア部分と比較して上側のシリンダーと空冷フィンの部分が細くて貧相なので、前から見るとギア部分だけ飛び出して見えて凸みたいな形でちょっと頼りない感じがあった。

ぶっちゃけ、SRのような少し前傾していて、角ばったデザインのエンジンの方がカッコイイとは思う。

 

250クラスのオールドルックな………クラシカルなデザインのバイクって意外と少ないですから、高値安定なのも頷けます。

 

人にオススメするならば、デザインも含めて総合的にはスズキのST250をオススメします。

私は、スズキはなんかちょっと安っぽいイメージがあって(実際安いけど)嫌だけど、メーカーにこだわる人そんな居ないでしょ?f:id:ROTY_NORISU:20201210074732j:image

↑スズキ ST250カッコイイでしょ? 

 

 

あと、一点。これが一番大きいかも。

 

「大型免許を取った以上、一度は大型に乗らなきゃいけないというなんか強迫観念みたいなやつ」

f:id:ROTY_NORISU:20201026124144j:image

↑一度は乗らないと取った意味が………とか、せっかく取ったのにもったいないなぁ………と思ってしまう。

 

でも、今は排気量は大型の中では小さいほうですが、一度”大型二輪”というものに乗ったので、どうでも良くなりました。

 

つまるところ、大型に乗ってたという既成事実が欲しかったのです。

 

大型はいいぞおじさんに、「大型はいいぞ〜」と言われても、”大型を知った上で”反論したかった。


f:id:ROTY_NORISU:20201026124650j:image
↑とりあえず大型マウントには対抗したかった。

 

乗ったことが無いのと、乗ったうえで小排気量車を選ぶのは大きな違いだ。と個人的には思う。

確かに、排気量がW650の1/13しかない50ccのYB-1と比較したら、走っていたら楽だということがよくわかる。

ただ、すり抜けのしやすさとか取り回しのしやすさとか………総合的に見るとW650の勝ち…とはいかない。

 

バイクに乗って何がしたいかって話


f:id:ROTY_NORISU:20201026124850j:image

↑タンデムは怖いからしたくない。

ただ、Wはシートも広いしふかふかだしタンデムしやすい方らしい。

 

結局は、物は使いようって話なんです。

 

奥多摩の方とかに行くと、細い道も沢山あるのですが、「この先行きどまりだと重くて転回とか出来んしなぁ」と思って踏み込めないのが少しストレスです。

最小回転半径は2.7mなので平均的です。結構ホイルベースは長く感じていましたが、意外と一般的。これ半径だから展開するのには2.7×2=5.4m程必要なのかな。

 

やっぱり車体は重いと思います。

別に何と比較している訳では無いので、どんなバイクもこんなもんだと言う人も居れば、軽い方だよという意見もあるかもしれませんけど。

狭いガレージから外に出すのもぶっちゃけ億劫です。

 

W650の乾燥重量は211kgです。ガソリンは確か17リッターくらい入るので、ガソリン、オイルなどなど入れると230kgぐらいになるんですか?

鉄のパーツを沢山使ってたりするから重いのでしょう。空冷の650ccにしては重いかと思いますが、どうですか?

というより、重心が結構高いのでしょうか。

起こすときに、ヨッコイショ………って感じです。

 

どんなバイクにでも言えることですが、走り出してしまえば安定しますから、重さがどうということはありません。逆に重い方が安定します。

どっしり構えて一定の回転数でゆっくり流すのならばいいバイクです。

ダラダラっと田舎道を流すのが正しい使い方だと思います。それ以上狭い道には踏み込んでいけないけれど………

 

それ以上細い道に踏み込むならば排気量関係なく乾燥重量で200kg未満のバイクがよろしいと思います。

 

大型なんだから速いんでしょっていうのはナンセンスだって話


f:id:ROTY_NORISU:20201026220841j:image

↑180km/hも絶対出ない

 

このバイク、スピードは出ません。

というか出すのが少し怖いです。

別に実用域では困らないのでどうでもいいですけどね。

怖い原因がなんなのかと聞かれると、6000回転から唸りだすエンジン、ふにゃんふにゃんの車体と、効かないブレーキ。細かいことは以下に書いておきます。

 

エンジン特性は高速に振ったバイクではないです。低回転でドコドコっとトルクでスピードをのせていくタイプです。

高回転も回るには回りますけど、回して気持ちが良いものではありません。

2000回転〜2500回転くらいまでが気持ちよく走れる回転数です。

3000〜4500回転くらいでブルブルと不快な振動が出てきます。

そして5000回転くらいで振動が無くなってくるのですが、今度はエンジンが唸ってきて少〜し苦しそうです。巡航するには………う〜ん………な回転数です。

6000回転まで行くと結構苦しそうです。

確か7800回転くらいでレッドゾーンです。

 

そしてギアは5速までしかありません。

 

例えば高速道路で巡航するとして、5速で100km/h出そうとすると3500〜4000回転くらいです。ちょうど不快な振動が出る回転域です。

その不快な回転数を消そうとすると5000回転くらい回します。そうすると120km/hくらいは出てしまいます。追い抜くときに瞬間的に使うレベルです。

だとしたら、回転数を下げるしかないのですが、走っていて気持ちがいい2500回転くらいで巡航しようとすると80km/hくらいしか出ません。

80km/hというとバイパスでも車にビュンビュン抜かれるスピードです。

ということがあって、気持ちのいい回転数で走ろうとすると、スピードを出したくならないんですね。

 

あと、車体が結構ふにゃんふにゃんっていうのは、素人が乗っても判ります。バイパスとか高速のカーブを走ってると分かりやすいです。

フレーム剛性が無いのか、サスペンションが微妙なのか。

リアが"うにょんうにょん"って感じでヨジれるので大丈夫かなぁと心配になります。

別に街中を走ってるぶんには問題無いんですけど、そこそこ速度を出して走っていると、いつかスイングアームあたりが千切れてしまうのではないかという不安感に襲われます。

 

ブレーキが効かないって言うのはその通りで、教習車と同じ距離では止まれません。

これも別に下道ではあんまり気になりませんけど、ハッとしたときに止まろうとするとフロントブレーキを結構ギュッと握り込んで、リアはドラムブレーキでかなり踏み込まないと止まらないです。

リアブレーキの効きが甘いというのは、逆に言えば速度調整がしやすいって考え方もできますが。

 

低速域はエンジン特性も相まって楽です。

W650のエンジンは低速でめちゃくちゃ粘るエンジンですので、渋滞のときは1速のアイドリングで軽くリアブレーキを踏みながら速度調整しておけば、エンストもしにくいので、低速でゆーっくり進んでいる渋滞などのシーンにおいては楽です。

たぶん、SR等の単気筒エンジンよりアイドリング付近でのエンストはしにくいかと思います。SRは1発なので、他の気筒でのリカバリーが効かないんですね。一発勝負なんですよ。そして、トルクが出る瞬間に波があるので、低速だとどうしてもギクシャクしてしまいます。

「SRは単気筒だからエンストはしにくいよ」と言われていますが、確かにそうなのかもしれませんが、極低速域においてはWの方が安定しています。

 

あとは、コーナーを曲がる時に少し倒すとステップを擦ります。

これは本当に攻めた走りじゃなくても擦ります。

初心者の私ですら擦ります。特に、坂道になってるカーブ。


f:id:ROTY_NORISU:20201026205515j:image

↑乗り出して1ヶ月くらいのとき、渋谷の公園通りの所でステップを初めて擦って転けそうになってびっくりした。

ここ、画像では分かりにくいですが、下から左上に向かって坂道になりながらのカーブです。

ステップが後ろに倒れるのですが、足が挟まれそうで怖いというか挟まれて痛い。そして、挟まれて、もう少し倒れるようになると、マフラーやセンタースタンドを擦る。

 

エンジン特性上速く走る気にならないし、車体の特性上早く走ると怖いし、速度出してもブレーキの特性上止まらないし、倒して曲がろうとするとステップを擦るし………

 

つまりはスピードを出すバイクじゃないってこと。

大型なのに遅い。そういうキャラクターのバイクだってこと。

 

 

総じて言うと?

別に普通に使っていてこれといって不満はありません。

だって誰かと一緒に走りに行くこともないし、ペースを合わせる必要も無いからです。

普通に速度を守って走るぶんには不満はありません。

そして、そもそも制限速度を大幅に超えて走ろうとは思わないバイクですから、遅いという不満は出ません。ゆったりと走るバイクです。

それにトルクが結構あるので、クラッチ操作が少しラフでもエンストしません。

 

ただ、やはりバンク角が浅すぎるのは少し怖いです。普通にカーブ曲がってもステップの先についてるバンクセンサーを擦ってしまうので。

 

あとは、モノは使いようの話になるのですが、狭い道とかに思い付きで入っていけないのは少しストレスに感じます。

冒険心に制約がかかるというか。

狭いガレージでの取り回しも、意外と重くて大きいのもあって億劫です。

いや、そんな事買うときに分かるやろ!って思うかもしれないけれど、買うときはカタログスペック見て

「SRと大きさそんな変わらんやん!」

と思っていたけれど、実際届いて見てみると…………

「あれ………大きいぞ?」

カタログ上の数値だけでは大きさや取り回しは意外とわかりにくいものです。

数値的には大して変わらないのですが、Wと比べるとSRは細くて華奢に見えます。

対してWはムッチリグラマーな感じです。

 

その太さもあって足付きは、思ったより良くありません。思ったよりって言うのは、足付き自体は悪くは無いからです。

シート高的にはSRと大して変わらないのですが、SRより太さがあるため、比べると足付きは悪いです。身長170cmでSRだと両脚べったり付きますが、W650だと、カカトが浮きます。

 

 

良いなと思ったところ

デザインがクラシカルでとても良い

トルクがあるエンジンで街乗りや渋滞が楽

セルスターターがついていて安心。キックペダルもあるので好きな方でかけられる。

クセがあるバイクでは無い。乗りやすい。

 

残念だと思ったところ

ちょっと重くて取り回しがしにくい。

サスペンションやフレームがふにゃふにゃでちょっと怖い。

ブレーキの効きが弱いのが怖い。

シート下のスペースが狭い。

 

 

 

以上、今回はこのくらいにしておきます。

YB-1で山中湖まで行ってきたよって話

f:id:ROTY_NORISU:20210405213530j:image

 

原付で峠道に行くと、暖かい目で見てくれるライダーが多いのは気のせいだろうか。

ギアをガッチョンガッチョン変えながら30kmで登っていく姿は、はたから見たら大変そうに見えるのだろうか。

本人はそのガッチョンガッチョンやってる瞬間がたまらなく楽しいというのに。

 

YBだと、追い越される時に手をよく振られた気がした。あと、対向車から。

対向車は、ヤエーってやつかな。


f:id:ROTY_NORISU:20210410001707j:image

↑ぼくはこういうのを見て「オッサン、馴れ合いやめろや」と心から思っています。なんでバイク乗ってるだけで知らない人から挨拶されなきゃいけないのだろうか。車ではそんなの無いのに。

 

追い越される時の合図は、ありがとうの意味の方が強いのだろうが、W650では手を挙げられるだけだったのに、YBだとチラッと見られ、よく手を振られた。人にもよるのだろうけど、原付免許取り立ての若者が頑張ってる………というように見えたのだろうか。


f:id:ROTY_NORISU:20210410004523j:image

↑原付はバイク本来の楽しさを教えてくれるのだ。

 

本人は乗ってる時サマになってると思ってたけど、傍から見ると後ろ姿はちょっと窮屈そう。


f:id:ROTY_NORISU:20210405200428j:image

↑YB-1に跨った時は、こう見えてるんだ。

意外とサマになってると思うのだけど。

そりゃあWやSRと比べたら小さいわな。

というより、メチャクチャ細いんだ。

 

という事で、ルートはこんな感じ。


f:id:ROTY_NORISU:20210405230523j:image

↑なかなか走った方では???

 

タイヤも替えたばかり。

とりあえず渋谷からいつもの246沿いに、西へ西へと走っていく。

座間あたりで、2ストオイルのランプが光る。

近くの座間2りんかんで、オイル補充。


f:id:ROTY_NORISU:20210405230637j:image

カストロールActivってやつ。ちょっと高かった。税込1430円。

緑色で、甘い匂いがした。

マジでメロンシロップの匂い。かき氷にかけたら美味しそうだ。誤飲を防ぎたいなら、こんな匂いやめたらいいのにって思う。

まぁ、峠道行ってちょっとハードに坂を登るし、「がんばれよ〜」と、ちょっと奮発しちゃいました。

 

ちょうど1リッター。

サイドカバーのタンクの中におさまる。

YB-1「青缶が飲みたかったぜ……」

そういう声が聞こえた気がするが、聞かなかったことにした。

※青缶とは:ヤマハ純正の2サイクルオイルのこと。品質が非常に良い。

 

プラシーボ効果かもしれないけれど、加速する時、心做しかレスポンスが良くなった気がした。


f:id:ROTY_NORISU:20210405231124j:image

↑いつもフルスロットルのクセに、よく壊れずに走ってると思う。

なんだかんだ、ボロだけど相棒感は強い。

3万キロも近い。

 

ということで、山道に。伊勢原あたりから宮ヶ瀬湖の方に上がる。宮ヶ瀬湖を北上し、道志みちに入る。


f:id:ROTY_NORISU:20210405232509j:image

↑この道志村あたりが、ツーリングスポットである、道の駅どうし。

前行ったし、駐車場めちゃくちゃ混んでたから寄らなかった。

 

………まぁ、1人ならそんなもんすよ。

 

道志みちを山中湖まで抜ける最中、流石に腰とお尻が痛くなってきたので、休憩。


f:id:ROTY_NORISU:20210405233021j:image
↑やっぱこの細身のデザインが最高にカッコイイ!!

こう、後ろから撮った時のデザインが好き。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210405233230j:image

↑場所はこの辺だった。

山中湖までまだまだやんけ。


f:id:ROTY_NORISU:20210405233307j:image

↑山だわ………田舎だわ…………

なんとなくエンジンが吹けないと感じるのは、標高が高いからかな?気のせいか???

 

ということで、道志みちを抜けて、山中湖の長池親水公園に。富士山と山中湖が見渡せるスポットだ。

f:id:ROTY_NORISU:20210405233654j:image

↑ここ。ちょっとした駐車場になってる。

バイクと写真を撮って、すぐにどっか行く人が多い。

なんか、そんな姿を傍から見るとまぁ、写真とかどうでもいっかぁ………という気分になってしまい、とりあえず富士山と思われるものだけ写真におさめた。


f:id:ROTY_NORISU:20210405233915j:image

↑富士山と思われる山。

YB-1も一応写ってた。これで良しとしよう。

 

帰りは、南足柄の方へ南下して、246沿いに帰りました。

途中、めちゃくちゃトイレに行きたくなったので、「道の駅すばしり」へ。

高速の近くで、間違えたらそのまま高速に入ってしまいそうなので、少し緊張した。


f:id:ROTY_NORISU:20210405234325j:image

↑ここ。道の駅どうしと違い、こちらは閑散としていた。


f:id:ROTY_NORISU:20210405234436j:image

↑だって閉まってるんだもん。

バリケードが置いてあり、入れない状況。

まぁ、トイレは開いていたので、ありがたく使わせてもらいました。

 

ということで、昼11時頃に出て、夜8時30分くらいに帰宅。Googleマップでは237kmとなってますが、もうちょい走っていると思う。

実際は250kmくらいかな。

峠道だと、クネクネしていても、Googleマップだと真っ直ぐで計上されていたりするので、実際は少し長かったりします。

 

給油は、行き1回で帰り1回。合わせて10リッターくらい。交通費1600円くらい。

 

燃費は、ガソリン1リッターで20kmくらいです。W650と同じくらい。

50ccの癖に……………YBの13倍の排気量であるW650と同じくらいの燃費とか………

燃費悪ぅっ!といっても30年前の2サイクルエンジンです。そんなもんでしょう。

YB-1のタンクには、7リッター程度入ります。

6リッター+リザーブ1リッターといったところでしょう。

航続可能距離的には120~140kmは走ると思うので、大抵は大丈夫だと思うのですが、やはり山道に入ると、ガソリンスタンドが少なくなるので、満タンにしておかないとちょっと怖いです。

 

しっかりガソリンは入れてから峠道は行きましょう。

YB-1は、リザーブも1リッター。つまりは20km分しか無いので、少し心もとないです。Wだと3リッターくらいリザーブに入るので、60kmくらい走れますから、そこまで不安には思わないのですが、20kmなんて、山道で走ると意外とすぐになくなります。

 

そもそも原付は一度にそんな長距離走るようには設計されていないはずなので、こまめに給油した方が良いです。

 f:id:ROTY_NORISU:20210406183248j:image

↑しまりんのビーノ50CCは、だいたい40km~50kmくらい走るのだそう。ただ、結局4.5リッターしかガソリンは入らないから航続可能距離は180kmとかそんなもん。

ゆるキャンΔより

 

私のYB-1は、1リッター20km×6L+リザーブ1Lで、満タンで約140km巡航できる。

2stオイルは1Lで1000kmくらいもつ。

 

最近の原付よりは航続可能距離は短いが、十分っちゃ十分。

だけど、普通のバイクの半分くらいしかガソリンは入らないので、山に入る前に給油はしておきたいところ。

リザーブ入れてから20kmしか走らないので、少しだけ心配。(対してWは残り3Lでリザーブ入るので60kmは走る)


f:id:ROTY_NORISU:20210410010206j:image

↑一応YB-1にはガソリンゲージが付いてるので、安心感はある。

 

オイルランプは、点灯してから100kmくらいは走りそう。ただ、最近はガソリンスタンドで2ストオイルって売ってるか分からないという心配感。

 

こういう制限がいろいろある中で不便を楽しむというのも、原付の楽しさのひとつだと思います。

 

オートバイの原点はやはり小排気量。

その中でも、2サイクルは現代ではほぼ絶滅した過去の遺物。

それでビルも何も無い山の中を走るのはノスタルジアを感じることが出来ますよ。

 

眼前に広がる大自然

2サイクルオイルが燃えた匂い

2ストロークエンジンの甲高いエンジン音

小排気量車ならではの非力感(不便さ)

 

五感で感じる、ノスタルジア………

 

 

昨今流行りのスポーツバイクで峠を攻めても楽しいかもしれませんが、原付で走るのもまたそれとは違った楽しみがありますよ。

 

今回はこのくらいにしておきます。

一級管工事施工管理技士の免状が届いたよって話

新しい年度が始まり、いかがお過ごしでしょうか。

忙しい?暇?

私はもうどうしたらいいのか分からないくらい忙しいです。

 

とりあえず、一級管工事施工管理技士の免状が届きました。

何の変哲もない賞状タイプ。

右上に顔写真が入るのですが、いつからなんでしょうね? 

10年前はなかった気が………

私の写真、めっちゃ疲れた顔してる。もうこの世の終わりみたいな。


f:id:ROTY_NORISU:20210406080100j:image

↑こんなの

※顔写真は見せないよ!!

 

ということで、良かった良かった。

これで会社からとやかく言われることは少なくなりそうです。



あとは、電気さえ受かっていれば………

 

 

 

ここから、雑記になるんですけど………

 

先日、親戚で集まる機会がありました。

何年ぶりかに会うんですけど、そりゃあ、子供の頃に会ったきりなので名前も分からない。

私だけ東京で、あとは関西。圧倒的アウェー感。


f:id:ROTY_NORISU:20210406145440j:image

 

というか、関西弁ってちょっと怖くない?と思うのは私だけでしょうか。

 

親戚が次から次へと結婚していく中、私だけ独身……………

まぁ、田舎は結婚早いからね!!とは言うものの………

 

うーんこの………

 


f:id:ROTY_NORISU:20210406145628j:image

↑クラシック聴くと指揮取りたくなるのめっっっちゃわかる

※ドラマ 結婚できない男より

 

話を聞くと、定時で帰って奥さんと過ごしたり、子供と遊んだり、土日もしっかり休めてテニスとかドライブとか。フェラーリ買ったとか。

 

もうなんか住んでる次元が違う感じ。

定時で帰れるって会社って大赤字ではないの?結婚とか上級国民か?赤ちゃんはどこから来るの?休日にテニスって、貴族がやることじゃないの?フェラーリってYouTuberしか乗ってないんじゃないの?

いろいろ疑問は浮かびますが………



f:id:ROTY_NORISU:20210406145954j:image
↑高級車を変えるのはYouTuberとか、ずっと閉店してたのにいきなり臨時休業の貼り紙出して補助金貰ってる悪どい飲食店のオーナーとか、成金と相場が決まってる。

コロナ禍になって数ヶ月後にポルシェ カイエンが随分前から閉店していた中華料理店の駐車場に臨時休業中の貼り紙と共に駐車されるようになった事とは特に関係はない。

 

 

私は、圧倒的アウェー感を感じる中、「フェラーリのオープンカーを新車で買った」って言ってたからいくらするのか調べてみたら………


f:id:ROTY_NORISU:20210330081136j:image

↑僕が10年働いても買えない価格だった

 

まぁ、皆それぞれなんでしょうけど、幸せそうな生活を送ってそうで何より………


f:id:ROTY_NORISU:20210406080529j:image

↑「隣の芝は青い」とはよく言いますが、残業とかお給料とか目に見えるもので差が出ると流石にブルーになります。

(うまいこと言ったつもり)

 

 

そんな"とな芝"の話を聞いていると、今の業界や会社に居る意味とか考えちゃいますよね。


f:id:ROTY_NORISU:20210406150821j:image

 

建設業に身を置いていると、残業月あたり50時間は普通。

ちょっと多いかな?と思うのが70時間~80時間。

あーやべー疲れた……もうやだ……となるのが100時間くらいかな。

100時間やると、だいたい「根性のない」新入社員は辞めていきます。

いや、実際は「根性の無い」じゃなくて、「マトモな」だと思う。

 

このくらい周りの人達は普通にこなしているので、「それが普通だ」と。

みんなそうだ。いや、みんなもっとやってるよ。と教育されます。マトモな新入社員は辞めていきます。

※100時間オーバーとか法律的に出せない部分もあるので、上司からの勤務表データの調整が入りますが………

 

まぁ、もちろん医療とか介護とか飲食とか、もっと厳しい現場はあるけれども…

それにしたって、それだけ残業した月の休日のふとした瞬間、自分がその業界にいる意味・会社に居る意味というものを考えてしまいます。

 

例えば私は、だいたい月50時間残業して、手取りで残るのだいたい18万くらいですよ。

そんな中、「月手取り18万なら、10時間残業すれば超えるかなぁ…」なんて、言われたら、そりゃもう"とな芝"をビンビンに感じるわけですよ。


f:id:ROTY_NORISU:20210406080948j:image

↑悔しいから赤くしてやった。

 

でも、それだけみんな頑張って勉強したり技術を身につけたり、就活したんだって思うと、私は学生時代にあまり頑張りもしなかったし、今も特に何かを目指して頑張ってる訳でもない自分の価値ってそんなもんなのかなぁ………とも思うわけですよ。


f:id:ROTY_NORISU:20210406150835j:image

↑意識高い系?いや、実際に頑張っていたのだろう。

 

仕事も、「自分でも片付けられる程度」の仕事しかやってないから、まぁ適正価格なんだろうなぁ………と。

 

メンヘラみたいですね。

 

でも、この気持ち…誰にでも思うところあると思うのですが、どうですか?

 

自分に自信ある人って凄いなって思います。

井の中の蛙大海を知らず」ってことわざあるでしょう?

自分より知識がある人、自分より頭がいい人、自分よりコミュ力が高い人なんて腐るほど居るのに、自分に自信があるのは凄いことだと思います。

 

ということで、他者からの評価を求めて、転職市場に自分を出品してみると自分の真の価値が分かるわけです。

面接に行けば分かります。

「どこも雇ってくれない!!」

という現実を知ることが出来ます。


f:id:ROTY_NORISU:20210406081552j:image

お祈りメールばっかりです。結果連絡がない所も多いです。(結果の連絡も寄越さない企業は、その程度の社員しか居ないって事だと考えて、ざわつく気持ちを紛らわせています。)

 

転職してスキルアップとか、叫ばれている昨今ですが、中途半端なクソ資格、微妙な業務経験なんてあってもどこも雇ってくれません。

面接官「うちの会社、簡単な電気工事はするから電工はいるんだけど、施工管理までは要らないんだよねぇ………」

ぼく「そうですか。」

 

……………連絡無し。

雇う気が無いとしか思えない。

 

 

パソコンだって社会常識です。マイクロソフトのオフィスソフト。ワード、エクセル、パワポ、アウトルック、パブリッシャー、アクセスは使えて当たり前です。

どれかひとつでも出来ないのが有ると、社会人失格とも言わんばかりに面接に落ちます。

 

基本的なPC操作ってやつ。

私は、パブリッシャーだけ使ったことがありません。

建設業でカタログって作る機会ないし。

 

誰か雇って!!!

出来れば残業少ないところ!!!

 

だから、就活をしっかりやった方が良いんです。最初に入る会社はとても大事だと思います。そこで、骨を埋める覚悟で会社は選んだ方が良いです。

 

就活を頑張るってそういう事なんだ!って気が付くのは会社に入って、何年か経って、他の友達や親戚とかと比べる機会があった時なんですね。

入って3年目までは、ぶっちゃけどの会社に行っても大して変わらないと思うんですけど、それ以降、給料や仕事量にだんだんと差が開いてきて、5年目とか10年目になったタイミングで比べてみると、差がなんかめちゃくちゃ開いているんですよ。

 

給料と残業は必ずしもトレードオフでは無いという事を知って欲しいです。

 

就活生にこの言の葉を贈ります。

今の私を体現する言葉です。

「貧乏暇なし」

 

黒いスーツを着てる就活生諸君、がんばれ!

俺も転職がんばるよ!

黒いスーツを着てる新入生もがんばれ!

転職したくなったら、俺と同じだ!がんばろ!!転職は早い方がキズは浅い!!アラサーになるとマジで仕事なくなるぞ!!!

 

 

さっきのフェラーリの話に戻るけど、3000万あったら、車何買う?って言われたら………そうだなぁ………

 

程度の良いソアラを買って大切に乗っていきたいですねぇ………

スーパーカー興味ないんで………

f:id:ROTY_NORISU:20210330222347j:image

トヨタソアラ

というか、日本という素晴らしい車を生み出す国に産まれておいて、それでもなお外車が良いというのは、見栄でしか無いと思う。

 

そんな事を言ってると………

外車は楽しさが国産車とは違うおじさん「外車は国産車とは楽しさが違う」

と言い出します。

私は、その楽しさの違いが分からないので故障の可能性が高い外車は選択肢には入りません。

てか楽しい車ならロードスターとかFC3Sに乗ってみなさいよ。

 

最近の外車はあまり故障しないおじさん「最近の外車はあまり故障しない」


f:id:ROTY_NORISU:20210405215723j:image

↑"あまり"じゃなくて、"全く"に言い直せるレベルになってから出直してくれ。

 

外車コンプとか言われそうですし、話長くなりそうなんで、もうやめます。

 

俺、転職してソアラ乗るんだ………

 

今回はこのくらいにしておきます。

店構えが綺麗ならラーメンも綺麗なのだ(東京渋谷 らぁ麺田じまさん)

久々に家の近く、渋谷で仕事でした。

久々にラーメンを、ラーメンを食べようと思って、プラプラと歩いていたら、結構キレイめなラーメン屋さんが……

 

お腹空きすぎて、お店の写真撮ってなかった。

とりあえず、Googleから引用しておく。


f:id:ROTY_NORISU:20210318220727j:image

↑めっちゃキレイめ。



f:id:ROTY_NORISU:20210318220932j:image
↑内装もまだ新しそう

調べたら2~3年前にオープンしたばからだそう。

 

場所的には、少し分かりにくい。

入口がビルのちょっと奥にあって、遠くからは見えない。

 

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町31−9 ハナテイビル 1階
https://maps.app.goo.gl/aVg6MhjBhqSaQjrJ9

 

井の頭通りを東急ハンズの方に歩いていくとある。交番のちょっと先。きったねぇ中華屋の隣くらい。

 

その汚い通りに綺麗な店構え。

もともと隣の焼肉ライクに行くつもりだったが、空いていた事もあって、引き寄せられるように入店。


券売機で買うのはいつものラーメン屋スタイル。

メニューは、「らぁ麺」、「煮干しそば」「つけ麺」に大別される。

あとは、限定メニューとか。

 

ここは、とりあえずオーソドックスに「特製らぁ麺」といくことにしよう。

確か1000円くらい。トッピングがフルで乗っている。

ガンダムで例えるなら、アーマードメサイアだ。


f:id:ROTY_NORISU:20210318225316j:image

鳩山由紀夫🐦( '-' 🐦 )ポッポチャン

 

 

普通のらぁ麺が、確か800円。まぁラーメン屋にしては普通の値段かな。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210318225854j:image

↑ということで、食べよう。

スープが透き通っていて綺麗。

最近よくある、綺麗系ラーメン。淡麗系?っていうのかな?

 

スープは、結構濃そうに写ってますが、実際見てもやっぱ濃そう。

実際、ちょっと濃い。飲み干しは出来なかった。

味は、アッサリお上品系の醤油ラーメン。

鶏の出汁に鶏の油。確かに、1口目はฅ(º ロ º ฅ)オォッ!!っと驚きはあった。

まったりした鶏の油にシャキッとした醤油スープはよく合います。

 

トッピングは、特製というだけあって、たけのこ?穂先メンマっていうのかな(ドンブリの奥の方のワシャワシャしたやつ。)、最近流行りの低温調理されたチャーシュー、めっちゃ濃い色の黄身した味玉。黄身なのにオレンジ色なのよ。

味玉は結構美味しいので、最低でも味玉はつけたいところ。

低温調理のチャーシューと穂先めんまは、最近は珍しくもなくなりましたが、穂先メンマは美味しい。もう2~3本食べたいくらい。

 

麺は、普通の細麺のストレート。全粒粉入りで、色がちょっと茶色というかグレーというか。

歯触りはシャクシャクしてるっていうか………歯応えがあって好きかも。

 

ぶっちゃけ、最近流行りの淡麗系サッパリ系の醤油ラーメンなので、どこかで食べたことあるかもしれない。って味だけど、美味しいって事には変わりないので………

「さっぱりしたラーメン食べたいなぁ…」って人がいたら強くオススメしたい。

でも、ここまで鶏油が効いているのは初めてかも?1口目は少し驚くと思います。

 

また、機会があれば食べたいなぁ…と思うラーメンでした。

 

今回はこのくらいにしておきます。

 

小田急グループが仕掛ける変わり種そば(東京代々木上原駅つけ蕎麦ツヅラオさん)


f:id:ROTY_NORISU:20210322195742j:image

私は蕎麦が大好きでよく食べるのですが、たまには変わり種も食べたくなる時もある。

 

蕎麦の中でも変わり種というと、チェーン店の、「なぜそばにラー油を入れるのか。」という店をたまに見ます。

結構美味しいです。

 

 

ということで、今回は代々木上原で降りる機会があったので、駅直結ビルに入っている蕎麦屋さんに。

 

つけ蕎麦 ツヅラオ

〒151-0066 東京都渋谷区西原3丁目8−5 小田急アコルデ代々木上原 2F

小田急線と千代田線の乗り換えくらいにしか使われない駅。降りる人はほぼ居ない。その駅ビルの中。改札出て真っ直ぐ。

 

小田急グループの、小田急レストランシステムが運営する。

小田急レストランシステムというと、名代箱根そばの運営元でもあるので、安心感はある。

 

店内は結構綺麗だけど、ちょっと暗め。お酒も置いてあるみたいだし、夜は居酒屋になるのかな。

 

私は11時30分くらいに入店しましたけど、平日の日中、人が沢山降りる駅でもないのでそんなに混んではなかったです。というか先程も書きましたけど、ほとんどの人が小田急線と千代田線の乗り換えで使う駅なので、改札出ると人がまばら。

 

ただ、私がメニューを眺めてると、ポツポツとサラリーマンが入店してきました。そこそこ繁盛してるのかな?

 

ということで、メニューに目を落とすと、結構種類があって迷います。



f:id:ROTY_NORISU:20210411201727j:image

 

↑メニューもらった。

 

定番が、この2つ。

鶏つけ蕎麦

豚つけ蕎麦

これらは、トッピングだけ違うっぽい。

 

あとは、上記のスープに背脂が入った

濃厚鶏つけ蕎麦

濃厚豚つけ蕎麦

ちょっとくどそうかなぁ………

 

変わり種で………

バターチキンや、トマト、カツオバターなんてのもあった。

正直、変わり種にそこまで惹かれるものが無かったので、一番オーソドックスな、鶏つけ蕎麦をオーダー。税込990円。

ちょっと高いかなぁ…と思ったけど、つけ麺も900円とかそんなもんかと考えたら、結構トッピング乗ってるし適正価格なのかな?


f:id:ROTY_NORISU:20210322120554j:image

↑結構美味しそうでは!?

つけ麺ぽいけど、麺はしっかり蕎麦です。

 

上に乗っているのは、ゴマ、ネギ、きざみ海苔、味玉、メンマ、とり天。

 

とり天は衣サクサクでお肉も柔らかくて凄い美味しいかも。

衣のサクサクをつけ汁に浸して食べてしまうのは少し勿体なく感じるので、蕎麦の上に乗せておくのがいいかも。

あとは、メンマや味玉は特にこれといって特徴は無いかなぁ………

 

 

お蕎麦は、かなり固めで噛みごたえがある。

啜るっていうよりは、少しずつ口に入れながら噛み砕いて食べるような感じ。いい意味でボソボソで、そばの香りがそこそこするので、そば粉の割合が高いのかもしれない。10割ではないと思うのですが、分かりません。

個人的には好きですね。食べたぞ!!って、感じがして。

もっとツルツルのそばが好きな人にとっては微妙かも。

 

スープは結構甘めの味付けにピリッとラー油が効いていて味はとても美味しい。

"鶏白湯ブイヨンピリ辛つけ汁"と書いてあった。鶏白湯+そばのつけ出汁+ラー油って感じかな。

そこまで辛くはありませんから、よほど辛いのが苦手で無ければ大丈夫かと。

 

ただ、これ結構しょっぱい。食べ終わったタイミングで蕎麦湯を出してくれるんですけど、蕎麦湯で割ってもちょっと塩辛い。

もうちょいマイルドでも良かったかな。

 

味はとてもいいので、ちょっと惜しい。

 

全体的に、結構アッサリしているので、トッピングのとり天がうれしい。ジューシーで柔らかい。

麺も、お蕎麦なのでつけ麺よりも軽い感じで食べられました。

大盛りいけそうかな?と思ったんですが、食べ終わると結構お腹いっぱい。ちなみに蕎麦大盛りは+150円。

花粉症の薬のせいで、胃がやられていなければ大盛り食べたかった。

 

個人的には結構満足です。

ただ、そばで990円はちょっと高いかなぁ。税込900円くらいで抑えてくれたらまぁ………

 

代々木上原ってそんな食べるところないですから機会があればリピートするかも。

でも、代々木上原………全然行かないんだよなぁ…………

 

今回はこのくらいにしておきます。

今年度取得した資格と来年度の目標

さて、今年度もあと1週間で終わりです。

コロナ禍の中での1年も意外と早く過ぎ去って行ったなぁという印象でした。

今年度は、試験や講習も中止や延期になるものが多く、1年の予定を掻き回されてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

さて、そんな中で私が今年取得した資格&来年度に挑戦したい資格について書いてみようと思います。

 

令和二年度、取得した資格

 

試験受けて取るやつ

一級管工事施工管理技士

 

講習受けて取るやつ

型枠支保工作業主任者

粉じん特別教育

低圧電気取扱特別教育

フォークリフト技能講習

玉掛け技能講習

認定電気工事従事者

 

一級電気施工管理技士…1次合格&2次結果待ち

一級土木施行管理技士…1次のみ合格

 

 

……………講習ばっかで甘えてんなぁオイ!

と、自分を叱りたいところですが、しょうがないのです。

 

今年度は4月~6月に予定していた試験や講習が、緊急事態宣言やらの影響で無くなってしまったり、時期ズレになってしまったり。

 

特に今年は、施工管理技士の試験がズレにズレてしまい、予定が見えてこなかったので、講習系が主になってしまいました。

いや、試験勉強したくないって言うのも大きかったんですけどね。

 

ということで、夏~冬にかけて教習所、講習機関がちょこちょこ動き出した頃、施工管理技士の合間に講習を受講して資格取得という感じでした。

今年は一級管工事施工管理技士の取得が会社からの社命的な感じでかなりプレッシャーがありました。その為に脳のリソースを取っておきたかったというのもあります。

落ちると会社や上司からあーだこーだ言われるので。

 

なにはともあれ、一級管工事施工管理技士が受かって良かった……

あとは、個人的に嬉しかったのが念願のフォークリフト技能講習を受けられたこと。あと、玉掛け技能講習。

どちらも4日や3日と、ちょっとハードルが高かったのですが、なんとか受講できて良かったです。これも、仕事が少ない時期があったからですよね。

 

 

来年度やりたい事・取りたい資格

来年度って言っても今年ですね。

今年は、1級土木はとりあえず頑張ってみようと思います。

あとは、宅建とか。ただ、土木施工管理技士と試験日が近いので、脳のリソースが心配。余裕があったら受けようかなぁ………って感じです。

あとは、消防設備士系ですね。これを何種類か、とって行きたい。電気工事士があるなら、甲4種とか、管工事で重要になってくる甲1種とか。あとは、なんだかんだいろんな業種に関わってくる乙6種とか。

ただ、消防設備系の試験は自分の肌に合わず、何回か受けたことあるんですけど、合格したことがありません。

心配でしかない。

 

講習系は、クレーン系か溶接系くらいしかIHIで取れるやつは残ってないですね。ガス溶接はチャレンジしてみたいなぁと思います。

 

あとは、小型船舶操縦士。海沿いをバイクで走っていると妙に運転してみたくなるので。いざと言うとき、クルーザーとか運転出来たらカッコよくないですか?

 

目指すは、ハケンの品格みたいな。

なんでもできる人……みたいな。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210322174432j:image

↑だけど会社ではこうしよう………

やりたいこと、学びたいこと、欲しい資格………沢山あります。

 

とりあえず、今年は一級管工事の呪縛から解放されるので、のびのびとやっていきたいと思います。

ABZÛ(アブズ)をプレイしてみたよって話〜プレイ感想と評価〜

f:id:ROTY_NORISU:20200609123309j:image

いつしか、PS+のフリープレイで貰っていたABZÛ。

アブズって読み方で合ってるのかな?

ABZÛの"Û"。これどうやって出すんですか?

コピペしてるから、面倒くさいったらありゃしない。

 

なんか最近はこういうまったり系のゲームが心と身体に優しいです。

 


ゲームソフト | ABZÛ | プレイステーション

↑PS公式はこちら

 

ABZÛってなんですか?

ABZÛは、505Gamesより2016年に発売されたアドベンチャーゲームです。

PS4用ですが、今はsteamとかにもあるのかな。

 

505Gamesなんて聞いたことないな…

まぁパブリッシャーなんで、仕方がない。

イタリアの会社で、有名どころだと2D版マインクラフトと言われたテラリア、レースゲームのアセットコルサなどが有名ですか。

 

こういうインディーズは、どちらかというと、クリエイターに注目されます。

ABZÛを作ったクリエイターは、PS3で発売された「風の旅ビト」や「Flowery」等で人気になったクリエイターです。

中でも「風の旅ビト」は、聞いたことがある人多いのではないでしょうか。

2012年のGOTY(ゲームオブザイヤー)だった作品で、かなり話題になりました。

PS storeでもかなり推されてたし。

 

どの作品もかじったことがある程度なんですが、こう、全体的にフワフワとした作品ですね。

 

明確なストーリーは無いし、爽快なアクションも無ければ、謎解きと言われるほどの謎も無い。

これだけ聞くと凄いつまんなそうだけど、プレイしていて退屈という訳でもない。

まぁ退屈かそうでないかなんてのは個人の主観でしかありませんけど、少なくとも私は最後まで楽しめました。

 

そもそもダウンロード専用で、ボリュームが無いというのもあるかもしれない。

実際にABZÛでもトロフィーコンプまでのプレイ時間はだいたい4時間くらい。

 

でも、退屈と感じる前に終わるって訳でもなくて、進むにつれ変化する綺麗な世界(グラフィック)であったり、だんだんと見えてくるストーリーであったりとか、いろいろ見たり考えたりしているうちに終わってしまう。

 

今作についても、同じような感覚です。

ストーリーの内容については後術しますが、明確に言葉や語りなどは無いし、主人公は喋らないしで、よくわからないながら、あるにはある。

だけど、「あぁ、そういう事だったのね」という"気付き"や、「○○ということで良いのかな?」という"考察"をしながらプレイしているうちに終わるので、退屈だとは思いませんでした。

 

 

ABZÛってどういう意味ですか?

公式サイトに、こう書いてあります。

 

『ABZÛ』の名称は、最古の神話からきている。「AB」とは“水”を、「ZÛ」とは“知識”を意味するので、「ABZÛ」は”知の海”のこと。

 

らしい。

 

アブって腹筋って意味だと思ってました。

f:id:ROTY_NORISU:20200609125237j:image

↑だいたいコイツのせい。弱虫ペダルより、泉田クン。

 

まぁ、マンガやアニメに興味の無い東京都在住の方であれば、アブといって真っ先に思い浮かべたものといえば上野にあるファッションビルですかね。


f:id:ROTY_NORISU:20200609125459j:image

↑上野ABAB(これアブアブと読む)

 

もうやめよう。この話。

 

 

ABZÛ(アブズ)ってどんなゲームですか?


f:id:ROTY_NORISU:20201210093914j:image

ABZÛは、トップ画のように海の中を泳いで探索するアクションアドベンチャーゲームです。

リアルというよりは、絵のように描かれた世界です。


f:id:ROTY_NORISU:20201210093542j:image

↑イルカと戯れたり

f:id:ROTY_NORISU:20201210093458j:image
↑海草が生い茂っているところを抜けたり……

 

グラフィック、綺麗でしょ?

リアルとはまた違った綺麗さですよね。

 

ゲームの難易度についてですが………

特に難しいとは思いません。

操作に癖があると言う訳でもなければ、強敵と戦わなければいけないと言う訳でもありません。ただひたすら貝やお花(イソギンチャクみたいなの)を見つけて、海の生き物達を解放したり、瞑想(魚を観察できる)に耽る。


f:id:ROTY_NORISU:20210107204523j:image

↑瞑想シーン

 

瞑想するとエリア内の海の生き物を見ることができます。


f:id:ROTY_NORISU:20210107204625j:image

↑サメ。デフォルメされていてちょっと可愛い。

 

そんな事をやりながらストーリーを進めていきます。

魚は所謂コレクタブルアイテムみたいな感じです。

 

あとは、イソギンチャクに捕らわれている魚を解放することで、ストーリーが進んだりします。


f:id:ROTY_NORISU:20201210093757j:image

↑イソギンチャクに封印されていたお魚が飛び出す。いや、ホント文書の通りです。

 

ボリュームは、先程も書いたとおり初見プレイでも4〜5時間もあれば終わってしまうことでしょう。

 

主人公はダイバーみたいな格好をした人?ですね。特に喋る描写もありません。このゲームにおいては必要も無いんですけどね。逆に言語とか出す方が無粋というかなんというか。

f:id:ROTY_NORISU:20201210093444j:image

↑登場人物はコイツのみです。

 

と、言うことで

今でもこのタイプのゲームはあまり好んではやりませんが、今回時間があり、フリープレイでダウンロードしていたのでプレイしてみた次第です。

あまり期待していなかった中でプレイを始めた訳ですが、評判の通りの綺麗なグラフィックと、独特な世界観に惹き込まれてしまいました。

 

という事で、一周&トロフィーコンプしてみたので簡単にレビューでも書いてみたいと思います。

 

という事で本編です。

 

 

ABZÛ(アブズ)って何するの?

先にも述べた通り、主人公の設定や世界観が明確になっていないため、ストーリーを楽しむというよりは、まったりと海の中の魚を見て癒されるゲームかな。


f:id:ROTY_NORISU:20210107204417j:image

↑魚は特に攻撃してきません

 

ただただ海を探索していくような感じです。

一応ステージ訳されているみたいです。


f:id:ROTY_NORISU:20210107204827j:image

↑監視カメラに囲まれる。攻撃はされない。

 

プレイヤーに体力ゲージはありませんから、何に邪魔されることなく自由に海を泳ぎまわります。逆に緊張感がないとも言えますけど、そういうゲームじゃないですし。

 

そもそも、こちらから攻撃するようなアクションもありません。

泳いで、調べるのみです。

明確にステージは無いのですが、探索できるエリアは限られます。戻って探索はできません。

だいたいが、エリア探索→イベント→移動→エリア探索→イベント………の流れです。エリアは一方通行で、戻る事はできません。

つまり、取り逃したアイテムはもう一周してそのエリアまで行かないといけません。

逆に、後戻り出来ないという事は、ストーリーで迷った時に不要なところまで戻って探索してしまうことを防ぐことができます。

よく、イベントが進まなくて、探さなくていい所まで戻ってしまって、探してみたら出口近くにキーアイテムがあったりとかありません?

それが無いのでいいと思います。

 

基本は、先にも述べたように、魚をイソギンチャクから解放すると次のステージに進めます。


f:id:ROTY_NORISU:20210201210509j:image

↑これ。三角のマーカーが出ているので分かりやすいです。

 

なんか海藻で緑色の画像ばっかですが、序盤だけです。ちゃんとイメージ通り青いステージもあります。というか、そっちの方が多いです。

 

あとは、スクショで感じて!

 

ぶっちゃけ今書いたことが全てで、特に文字にして書くこともないのでスクショで雰囲気を感じ取って欲しいです。

このゲーム自体、出来るアクションも少ないし、ストーリーも無いし、いわゆる雰囲気ゲーになるので、「海、綺麗だなぁ」とか、「お魚さん、可愛いなぁ」とか…そんな言葉しかでてこないのです。

なので、自分で探索して癒されるしかないのです。

ということで、スクショを撮ってみました。


f:id:ROTY_NORISU:20210201210608j:image

↑幻想的な遺跡?に泳いでいく………


f:id:ROTY_NORISU:20210201210801j:image

↑遺跡発見。文明はありそうなんですけど、主人公は何も喋らないし、出てくる文字も無い。


f:id:ROTY_NORISU:20210201211213j:image

↑エジプトみたいな壁画はある。海底遺跡なのかもしれない。


f:id:ROTY_NORISU:20210201211256j:image

↑暗い遺跡を抜けると、魚達と一緒に明るい世界へ

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201214056j:image

↑赤い魚が、うじゃうじゃ………ピンク色の魚はちょっとキモイ。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201214217j:image

↑イルカの背中に捕まって移動するの楽しそう。


f:id:ROTY_NORISU:20210201214340j:image

↑サメ?の壁画。古代文明の絵ってちょっと抜け感あって可愛いの多いですよね。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210202203839j:image

高句麗古墳の壁画、手搏図にもダイバーの格好をしている男達が描かれている。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201214529j:image

マナティーやー!マナティーの背中にも掴まって移動出来る〜。


f:id:ROTY_NORISU:20210201214705j:image

マナティー100パーセント。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201214816j:image

↑なんか綺麗な場所。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201214920j:image

↑また壁画発見。色遣いが綺麗ですね。青に黄色&オレンジって綺麗ですよね。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201215130j:image

↑クジラと潜ってくシーン。実は、私も潜水士の資格もってるんですよ。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201215438j:image

シーラカンス

こんなのが  いるのかーー!!(どうぶつの森より)

 


f:id:ROTY_NORISU:20210201215737j:image

↑サメや…でも攻撃はして来ないので大丈夫です。


f:id:ROTY_NORISU:20210201220341j:image

↑サメを見ると高校の頃の卒業作文でサメの美味しい食べ方を研究していた奴いたな

 


f:id:ROTY_NORISU:20210311205836j:image

↑こういう綺麗な海中の画像見てるとダイビングとかしたくなりますよね。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210311205920j:image

↑海藻の表現も結構好き

 



f:id:ROTY_NORISU:20210311210601j:image

↑白くま

 


f:id:ROTY_NORISU:20210311210134j:image

↑なぜ小豆を入れてしまうのか。それ以外は完璧なのに

 

 

と、まぁ特に語ることもないので、画像を列挙してみたのですが、一応ストーリー的なイメージはあって、何か機械みたいなものを最後倒して終わるって感じですか。


f:id:ROTY_NORISU:20210311210726j:image

↑サメと一緒に何かを破壊するんですが、それが何者なのかもわからないですし。

 

まぁ、各々で考えろってことなんですかね。

 

私は特に何か考察しながらやってたわけではないので、「あ〜……海、綺麗だなぁ……」くらいで終わってしまったのですが。

たまにはこういう緊張感も何も感じないゲームもいいかもしれません。

刺激とか面白さ………というのは皆無に近いので、息抜き程度にはちょうどいいかと。

 

また、505Gamesの新しいゲームがPS5で出るみたいです。何かキッカケが無いとやりそうもないですけど。

 

今回はこのくらいにしておきます。

1級土木施行管理技士の合格発表がありましたねって話

f:id:ROTY_NORISU:20210315160540j:image

先日、久々にYB-1に乗ろうと思ってバイクカバーをめくったら、カバーの中まで黄砂&花粉が………

タンクに文字が書けるでオイ!

もういい加減にして欲しいものです。

 

プラスチックのフォークを有料にしようとしたり、海のゴミでスニーカーを作ろうとしたり………考えることが小中高校生の総合の授業でのディスカッションレベルなんだよなぁ………

 

そんな事より林業の利権問題とか花粉対策とか………いろいろ解決すべき事はあるのでは?

 

だって林業って補助金祭りなんですよ。

需要が無いから、材木価格は下がるばかり。

でも、林業家が「なんとかしてよ!」と叫べばお金が貰える。構造改革?面倒臭いね。次の代でやってね…と、問題を次の代へなすりつけ………

でも、「なんとかしてよ!」と叫ぶだけでお金が貰えるもんだから、特に改革する意味も無い。そんなもんだから、構造改革なんてやらない。「俺の代は何事もなく、これまでと同じように終わってくれ…」そう祈るのみ。

何十年も前に、たっくさん植えたスギやヒノキ。それが今や切るだけで赤字だ。だから切らない。植えるだけ植えて1度も切っていない林業家も多いのでは?

建築現場でも海外からの輸入材木が多くを占める。供給が安定してるし、何より安いから。

だから、公害レベルになったとしても国が本腰を入れて対策しない限り花粉は減らないのだ。

 

ただ、建築物も木造とか木製がブームになった瞬間があった。

f:id:ROTY_NORISU:20210315202536j:image

国産木材を使用したとの事で新国立競技場が有名ですが、結局雨風に晒されるところはアルミ鋼板に木っぽい塗装をしただけだっりする。まぁ、耐久性を考えれば仕方が無いっちゃ仕方が無い。

結局は何十年と使う大型建築物に於いては、木材は内装材に使うのが精一杯なのだ。それでも15年や20年経てば、空調更新のついでに内装リューアルされてしまう事が殆どでしょう。 

 

京都に有る、四条木製ビル。外壁に木を使ったというビルだが、13年が経とうとしている今、劣化具合を見てみたいものだ。まぁ、現代の塗装やコーティング技術をもってすれば結構持つのかもしれない。これは外国産木材かもしれない。

f:id:ROTY_NORISU:20210315203050j:image

 

東京大学にあるカフェは、意欲作だと思ったけれど、年数が経っていくに行くにつれ、みすぼらしい姿になって行くのは容易に想像がつく。

f:id:ROTY_NORISU:20210315202014j:image

隈研吾がなんで人気なのかが理解できない。

設備屋的には実用的で温湿度制御しやすいビルの方が良い。あと、施工性がいい。施工性が良いということは、メンテや更新もしやすいという事だ。その辺も考えて設計されているビルは、流石だと思う。

 


f:id:ROTY_NORISU:20210315202454j:image

「確かに衰退してるんだけど、お金は結構貰えるから………」

そう言って、去年の末に親の林業会社の跡継ぎが居ないからって退職していった先輩が居た。

設備屋が林業かよ!って驚いたもんだけど、親の跡継ぎだし、新規参入とかではなければ、継続的に補助金も貰えるし、いいのかもしれない。

 

そんな事を鼻をすすりながら考える、今日この頃。

 

今日はこのくらいにしておきます。

 

………………はぁ…………現実逃避はそのくらいにしよう。

 

さて、3月12日に土木施工管理技士の合格発表がありましたね。

受かった方はおめでとう、落ちた方はまた来年があるさ………


f:id:ROTY_NORISU:20210315161036j:image

↑また来年があるさ………

右側の合格証明書発行申請書が潰されてるのが悲C………

というか、C評価やんけ………作文もマトモに書けてなかったってことですね。


f:id:ROTY_NORISU:20210315173839j:image

 

だいたいの目安として………

作文がOKで、その他がダメだとB評価になります。

作文もダメで、その他もダメだとC評価になります。

 

経験上の話ですけどね。

 

今回は、私の予想がハズレて全く予想していなかった品質管理についての問題でした。

品質管理連続で出るとかウソだろおい!!

みたいな感じでした。

これで、安全、工程、品質のローテーション対策は破られました。

来年からは何が出るか本当に分かりません。

まぁ、来年は日程が被ることは無いでしょうからしっかり対策できますけどね。

 

 

………………ということで、まぁ、予想通りっちゃ予想通り。

べ、別に泣いてなんかいないんだからね!!

 

でも、本当に本命の管工事の方が受かってよかった。同日開催で一夜漬け×2科目、しかも1科目は完全に専門外。

本腰入れて出直しです。(気分が乗れば)

 

今年の作文は、品質管理についてだったんですけど、確かに給排水の引き込みや、道路工事の品質管理なんて、あんまり考えたこと無かったなぁ………と。

私が見るのは、路盤の仮復旧までで、本復旧は土木に詳しい人が引き継いだりしちゃうので。

 

えぇそうでしょう。こんなレベルのヤツが受かったらそれはそれで問題です。

 

さーて、敗北者の封筒が届きましたよっと。


f:id:ROTY_NORISU:20210315205123j:image

↑敗北者のみに贈られる、二次試験への案内状。
f:id:ROTY_NORISU:20210315205323j:image

↑払込取扱票を添えて。

え?え??高くない?高くない???

 

そんな事より、今年の一次合格者は技師補の呼称貰えない代わりに合格はずっと有効じゃなかったの???


f:id:ROTY_NORISU:20210315205629j:image

↑この一文を見て衝撃走る。

 

今年は、こんなクソみたいな試験に10月という貴重な時期に脳のリソースは割きたくなかった。

今年は、宅建とか第一種電気工事士とか受けてみようかなって思ってたのに。

 

もうやる気が全く起きない。来年度はもうダメだ…………

土木のヤル気も起きないし、申し込む気力すら起きない……………

 

とりあえず、私の林道整備会社への転職はまだまだ先になりそうです。


f:id:ROTY_NORISU:20210315161417j:image

↑いつか、道作ってやるぞ!!

 

とか言いつつ田舎住みは勘弁勘弁ご勘弁ですよ。花粉も多いし。

 

今回はこのくらいにしておきます。

ヘアトニックの話〜花王 サクセス育毛トニックシリーズ〜

f:id:ROTY_NORISU:20210121200509j:image

今回は、いつもの液体タイプのヘアトニックの合間に気分転換を兼ねて、たまに使うスプレータイプのヘアトニックのレビューをしてみたいと思います。

 

ヘアトニックには、大きくわけて液体タイプか、スプレータイプかに別れます。

液体タイプは、瓶とかプラスチックの容器に入ったシャバシャバのやつです。


f:id:ROTY_NORISU:20210226143246j:image

↑液体タイプは、こういうの

 

対してスプレータイプは、ヘアスプレーと同じような感じで、炭酸ガスの力でトニックがブシューっと勢いよく出てきます。


f:id:ROTY_NORISU:20210226143358j:image

↑育毛とか、脱毛対策とかのイメージが強いかも

 

ヘアトニックはヘアスプレーと違い、頭皮まで届かせる為に、棒状になって結構な勢いで出てきます。


f:id:ROTY_NORISU:20210121201356j:image

↑こんな感じ。

これが、結構気持ちいいんですよ。

シューッと液体が出て、頭皮が刺激されます。

液体のやつをポタポタ振りかけるよりスッキリはします。

ただ、結局中身はシャバシャバの液体なので、出しすぎるとおでこに垂れてきます。


f:id:ROTY_NORISU:20210121200616j:image

花王 サクセス 育毛トニック(無香料)

間違えて無香料の物を買ってしまいました。

これはこれでいいものです。無香料の方が良いって人も多いと思うので。

 

ただ、やっぱり私は香料が着いている方が好きなので、前によく買っていたのが、このハーバルシトラスの香り。


f:id:ROTY_NORISU:20210226143639j:image

↑パッケージが似てるんだよなこれ。

文字が黄緑色のやつが、ハーバルシトラス。微香性。これは、匂いがあまりキツくなくて、ちょうどいい感じ。

 

 

その他にも、オレンジやピンクの缶のガッツリ香りが着いたやつがあります。

f:id:ROTY_NORISU:20210226143939j:image

↑ハーバルシトラスも、このくらいわかりやすくして欲しかった

 

一応、この2つも使ったことがあるのですが、なんかどちらも制汗剤のような香りがしました。

あと、結構ガッツリ匂いが着いてしまいます。しかも、その匂いが結構持続するので、鼻が飽きてきます。


f:id:ROTY_NORISU:20210226144236j:image

↑旧パッケージの写真があった。

 

これつけて、ヘルメット被ったら、ヘルメットん中もうフレッシュフローラルさ。

 

フレッシュフローラルが、消臭元の花系の匂いっていうんですかね。

フルーティシトラスが、桃みたいな匂いだったかな。制汗剤の〇〇ピーチみたいな匂い。

 

匂いを伝えるって凄い難しい………

 

別に嫌らしい匂いでは無いんですが、制汗剤のケミカルぽい匂いなので、それが苦手な人はやめておいたほうが無難です。大人しく無香料のやつにしましょう。

 

価格は大体800円後半〜1000円くらいです。

ただ、結構すぐ無くなってしまうので、頭のにおい消し…として使うにはちょっとお高めかも。もっと育毛とか抜け毛防止の用途に使ってあげるといいかも。

 

粘性・べたつき
シャバシャバ。かけすぎるとおでこに垂れてくる。

 

頭皮への刺激
ピリピリした感じはしません。炭酸ぽいしゅわしゅわした感じって言うんですか。それがとても心地よい。これこそスプレータイプの醍醐味かもしれない。

 

 効能について
多分育毛されてる。もともと髪は伸びるの早い方なのでよくわからんです。

 

香りについて
無香料:匂いもちろんしない。

ハーバルシトラス(黄緑):シトラス感は無いが、甘ったるい匂いではないので1番オススメ。また、下記のフルーティシトラスやフレッシュフローラルと比べると匂いの強さ自体も控えめなので、丁度いい感じ。

 

フルーティシトラス(オレンジ):甘ったるいピーチ系の香り。BANとかの制汗剤の匂いがする。そういう匂いが好きなら良いかも。

 

フレッシュフローラル(ピンク):ふわりんかの匂い。あれを濃くした感じ。一般的にバラの香りと言われて売られている芳香剤みたいな感じ。嫌いではない。

 

どれも、香りは長く続くほうです。

フルーティシトラスとフレッシュフローラルは、結構強い香りが長く続きます。どちらも甘い系の香りなので、夏とかはちょっと匂いがくどそう。

 

毎日朝と風呂後に使用して1ヶ月くらいって感じです。私は、普段は普通のトニック使って、たまに気分転換でスプレータイプを使ってます。

夏とかは、シャワー上がりにさっぱりとしたい事が多いので、頻度多くなります。

 

個人的総評(5段階評価)

ハーバルシトラス基準で行きますね。

 

香りの良さ

★★★★☆

香りの持続性

★★★★☆

刺激の強さ

★★★★☆

コストパフォーマンス

★★☆☆☆

 

刺激の強さはいい意味で…ですけど。

ピリピリ痛い感じはありません。

更なる刺激を求めるなら、エキストラクールみたいなのがあったので、そちらをどうぞ。

 

 

香りは本当に思った以上に長く続きます。

あとは、アウスレーゼ等の様に香水のような匂いでは無いですし、香りの持続性もあまりないので、匂いが強くないものを探している人にはいいと思います。

 

全体的は高評価です。

液体タイプの合間に挟むと、気持ちよくてとてもGood。

個人的にかなりオススメです。

 

 

今回はこのくらいにしておきます。